会社案内

沿革

昭和25年(1950年)
  • 初代 妹尾牧夫が井原市芳井町(旧:後月郡芳井町)に個人営業の卸売り専門のパン屋「池崎堂」として創業
  • 創業当時から、井原市内の学校給食用米飯とパンの製造、受注製造の餅、地元名産のごぼうを使ったオリジナル羊羹の製造・販売(主に卸販売)も行っている。
平成2年(1990年) 2代目 妹尾茂樹が「有限会社 池崎堂」を設立し、直売店舗「フレッシュベーカリーカウ・ベル」を構え、パンの製造小売りを開始
平成7年(1995年) 自動車による移動販売をスタート
平成20年(2009年) 3代目 妹尾茂樹の息子で後継者である妹尾公人が入社